90's日本語ラップクラシック5曲

こんにちは。

今日は久しぶりに音楽ネタです。

 

今でも毎日のように聴いている90年代の日本語ラップですが、その中でも特に好きな、僕の中での永遠のクラシックソング5曲をご紹介します。

ちなみに、、ヒップホップはそんなに詳しくありませんw

 

最初の1曲は、、

◎四街道ネイチャー/あの集合地

シンプルに1番聴いた日本語ラップソングです。今でも週3は聴いていますね。

センス良すぎるトラックと急にくだらなくなくなる歌詞が最高ですw   

リリースされた曲はすべて好きですが、『あの集合地』の次にたくさん聴いているのは『After the dance』ですね。

マイクアキラさんのソロの『Keep on and go feat ECD』は泣けます。

 

 2曲目は、、

◎BUDDA BRAND/Funky Methodist

当時は、めちゃくちゃハードコアな人達が出てきた!という印象だった記憶があります。。。

『Funky Methodist』は、僕の中ではとにかく1番カッコイイ日本語ラップソングです。

スケボーするときに聴くと調子が上がりますw

好きなラッパーは?と聞かれたら、真っ先にD.Lさんと答えるくらい好きなので、、

訃報を耳にしたときはしばらく動けませんでした。

落ち込んだときはいつも『粉骨砕身』を聴いています。

僕も"死ぬまで熱くHot to death!!!"を貫きたいと思います!

 

3曲目は、、

◎TOKYO NO.1 SOUL SET/もう少しだけましな理由

名曲ですね。

中学生の時に、友達の家でこれを聴いて黄昏れていましたw

90年代の懐かしい思い出に浸りたいときは、これをかければ間違いないです。

 

4曲目は、、

◎キミドリ/自己嫌悪

いつ聴いてもこのストレートなリリックが刺さる、たまに無性に聴きたくなる曲です。

当時は、サイプレスヒルとキミドリをカセットウォークマンで聴きながら、よくアメ横をブラブラしていましたw

 

最後の5曲目は、、

◎TOJIN BATTLE ROYAL/開けゴマ

トージンはリアルタイムでは聴いていませんでしたが、、10年くらい前に知っていろんな意味で衝撃を受けたグループですw。極上のトラックに酷すぎるリリックが完璧にハマってるという、、中毒性しかない曲です。ここまで女性ファンがいなそうなグループを他に知らないです笑。

ちなみに、トージンで1番好きな曲は、一時的に再結成していた2012年にリリースされたアルバム『D.O.H.C』に入っている『哀愁スポーツ冒険家』です。

 

ということで、、

これからもたまに90'sネタや趣味ネタも書いていきます。

 

では、良い週末を!